« しぐれさんbotと読書と。 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »

2009年11月22日 (日)

蛮幽鬼

劇団新感線の蛮幽鬼を見て来ました。面白かった!てな訳でネタバレあります。

1階6列目、やや下手寄りというベストポジションでした。

時代背景は古代日本をベースにした異世界。とはいえ、中国大陸や琉球、あと中東っぽい部分が出てくる事を思うと結構広いかも。衣装もその分バリエーションがあって見ていて楽しかったです。殺陣のときも太刀と剣、柳刃刀、薙刀、槍、棍。あとは匕首とかいつもより武器の種類が多かったような。

今回の客演は上川隆也さん、稲森いずみさん、堺雅人さん、早乙女太一君を始め結構な数だったんですが、団員の役者さんを食い過ぎる事無く良いバランスでした。上川さんは天保十二年のシェイクスピア(井上演出版)、SHIROHに続いて3回目なので全く心配してなかったんですが、新感線では初舞台になる堺さんと稲森さん、早乙女君はどういう感じなんだろうと思って楽しみにしてました。だってFM802のDJさんが皆、堺さんを絶賛してんだもん!早乙女君ベタ誉めやもん!稲森さんが綺麗やと言うんだもん!気になるやないかー!

親友を殺され、殺害の濡れ衣を着せられた主人公、土門が上川さん。その主人公の右腕となり暗躍する、常に笑顔の暗殺者サジが堺さん。主人公のかつての恋人美古都が稲森さんで、その稲森さんを守る従者、刀衣が早乙女君。主人公を裏切った友人達が山内圭哉さんと粟根まことさん。基本は復讐劇なんですが、主人公のシンプルな復讐に、それぞれの思惑が絡んでいくのが面白かった。終盤に明かされる黒幕の正体、あれはどんでん返しなんだけど、ある意味最初に明かされていたり。

ある意味一番心配していた早乙女君が想像以上でした。ああ、そりゃ人気あるわ、と。大衆演劇出身とはいえ、何とか王子みたいな感じでワイドショーにも取り上げられてたりしていて、正直人気先行なのかな?なんて思っていたんですが、まず殺陣の綺麗な事。流れるように斬る姿が本当に見事でした。セリフも聞き取りやすく、キャラクターのユニセックスな雰囲気も女形として活躍してた事もあってか、全く違和感が無くて素敵でした。舞を踊ってるとこも綺麗だったなあ。

堺雅人さん。冷血な暗殺者なのに常に笑顔でいる役で、堺雅人さん自身は穏和な笑顔が印象的な方だけに、同じ微笑みでも正反対のキャラクターという難しい役どころにもかかわらず、ハマってました。物語の狂言回し的な役割でもあったんですが、軽妙でありながら感情の無い語り口にはゾクゾクしました。サジはサジの理由があって、土門より大きな復讐をしようとしてるんですが、淡々としていて終盤になるまで口調としては軽くしか語られない。同じ復讐者として、土門とは対照的な感じになってた気がします。

もう一人、やっぱちょっと心配だった稲森さんの美古都。やっぱ綺麗だわ!大王になった時の衣装が凄く好きです。そして、演技の方も申し分無く。テレビドラマで活躍してる女優さんにありがちなんですが、舞台に出る時に慣れていないせいか声を張り上げた時に何言ってんだか聞き取れない事があったりするんですが、今回それが全くありませんでした。派手な立ち回りはほとんどありませんでしたが、純粋だった女の子が人に翻弄され、人の生き様、死に様を見て独り立ちしていく様を見せてくれました。今回の話は美古都の成長物語という側面もあった気がします。そういや美古都→みこと→尊→タケルと考えると、ちょっとスサノオを思い出すなあ。

上川さん。留学先だった異国で陥れられ、復讐鬼として祖国に舞い戻った男なんですが、非情であろうとしてなりきれない、過去を捨てたといって捨てきれない感じがハマってたなあ。SHIROHの時の四郎もそうだけど、どこか泥臭さと高潔さをあわせ持ってる役どころな気がします。まあ本当に黒い部分は堺さん演ずるサジが持ってったせいもあるかも。劇中、教祖役とかやってたんですが、あれはもっと胡散臭くても良いと思ったり。なんか爽やかなんだもーん。んで、知らない間にキャラメルボックス退団してたんですね…。同級生も居るし、いずれ見に行こうと思っていたのに…。

橋本じゅんさん。粟根まことさん。高田聖子さん。客演の役者さんが多くなっても、中核にこのお三方が居ると、やっぱ新感線だなあーって思います。もー、じゅんさんは笑わせてくれるし、大好きだ!今回は良くいる悪人ではありましたけど、ちょっとした部分でキッチリ笑いを持っていくんですよね。シリアスなストーリーの中で、じゅんさんが起こす笑いの部分ってすごくホッとします。聖子さん、ちょっと浮世離れした雰囲気を持ち合わせた異国っぽさが出てたなー。ヒロインとはまた違った感じの純粋さもあって。粟根さんはいつもの粟根さんだったwこう、セコい感じが凄く良い…!山内さんといいコンビっぷりでした。しかし山内さんはいつ見ても格好いいなー。

や、でもね。今回、看板役者の古田新太さんが居ないんですね。どうしてもちょっと物足りないんです。しかもね、どこに居るかってーと下に居るんですよ下に!地下に居るんですよ!大阪芸術劇場ってメインホールとシアタードラマシティっていう二つの劇場が入ってるんですが、メインホールで新感線。ドラマシティの方に古田さんが公演してるんだよぉおおお!印獣やってんだよぉおおお!ていうかそっちも見たかったんだよぉおおお!生瀬勝久さんと池田成志さんが一緒なんですよ。見たいだろJK…!ていうか、うん、ぶっちゃけ新感線ではじゅんさんが一番好きだけど、出演者リスト見ただけだったら印獣の方が見たかった。だって私生瀬さんも成志さんも大好きだからねー!蛮幽鬼がこれぞいのうえ歌舞伎!って感じでとても面白かったので、これはこれで大満足ではあるんですが。

五右衛門ロックのDVDが物販にあったから買ってきました。五右衛門ロックはほんと楽しくてたまらない公演だったんで、DVDが出るのを心待ちにしてたんですよね。早く見たいけど絶対見ながら原稿が出来ない…うぬぬ。

観劇後は何故か友達がBAYONETTAについて熱く語るのを聞いてました。

|

« しぐれさんbotと読書と。 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122214/46824347

この記事へのトラックバック一覧です: 蛮幽鬼:

« しぐれさんbotと読書と。 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »