« 全部知ってた。 | トップページ | 一夜明けて »

2008年7月 5日 (土)

わーい会報届いたよー

まだ開けてないよー。それどこじゃなかったYO-。

残業続きの毎日で、今日も遅くなったなーと思いながら家に帰り着いて、郵便受けの中から会報を取りだしてリビングに行ったら父が倒れてた。

母はタイミングの悪い事に旅行へ行っていて、動けるのは私一人。救急車を呼んで、そのまま父は入院。先に電話しておいたのが良かったのか、幸いかかりつけの病院へ入院する事が出来た。当直の先生からお話を聞いて、社長に明日休みますと電話して、タクシーで家に帰って、ようやく母に連絡がついたので報告して、父が救急車で運ばれる際にどさくさ紛れに逃げ出した猫を外まで向かえに行って、やっと何だか落ち着いた。

明日また朝から病院へ行くんだけど、いい年してこういう時どうして良いか判らなくて動転してしまったり、保険証とか診察券みたいな基本的な事まで頭が回らなかったりで、自分の馬鹿さ加減にも相当凹んだ。頼りないにも程があると思う。正直病院へ電話したのだって、父の指図があったからで、ただ救急車を呼ぶのにもテンパってた。だって110番しそうになったもん。119番ですよ私。

救急外来は幸い他に患者さんも居なくて、それでも当直の内科の先生は入院患者さんの対応と平行しつつの検査で、本当に忙しそうでした。父の担当医の先生は既に帰っていたんだけど、当直の先生が電話で担当医の先生に色々と確認してくださってた。その担当医の先生は明日、幸い外来担当ではないので何時病院へ行っても検査結果含めてちゃんと説明して下さるのではないかとの事。

父が違和感を覚えてすぐ私の携帯に連絡をしたみたいで、携帯を見たら電話の着信履歴が入ってて、全然私気付いて居なくて、なので残業なんてしてるんじゃなかった、とか、酷い状態だったらどうしよう、とか、頼れる人が近くに居ないとか、ただ座って待ってるだけの状態でぐるぐるしてたんですが、看護士さんのパワフルさと明るさにかなり救われた気持ちになりました。合間合間に世間話をして、色々と面倒を見て下さって。発破じゃないけど、自分もしっかりしなきゃ、と思わされたり。明日の昼に母が急ぎ戻ってくるまで、戻って来ても母のフォローも出来る限りでもいいからしなくちゃだし。むしろこの年で何言ってんだって気もかなりする。

あと、県民的には切実な医者不足をひしひしと感じました。脳神経外科の先生が常に当直に居ればそれがベストなんでしょうけど、それ以前に、当直の先生が一人であの規模の病院を全部見ているという事が凄いなと。医療行為では無い、患者の移動とかを受付の可愛いお姉さんが手伝って下さったりで、看護士さんも数が少ない中ギリギリで頑張ってるのかなって思ったりしました。本当に有り難い。

こういうの、日記にあまり書かない方が良いんだと思うんだけど、一人でどうしようもないので書いてみた。タイトルに偽りありまくりだなあー。ははっ。

キノさんからどえらいバトン回していただいてたので、落ち着いたらやろうと思います。なんだか愛を問う感じのバトンですね!

|

« 全部知ってた。 | トップページ | 一夜明けて »

コメント

突然のことですと気も動転しますよ。
うちも数年前ちょっと色々あったので気持ちはわかります…。(しかも色々あったとき妹は救急車が来たことすら知らずぐーすか寝てた!肝が据わりすぎというかなんというか(笑))
さば。さんの日記を読んで私もしっかりしなきゃと思いました。
お父様をお大事に…。

投稿: ミヤコ | 2008年7月 5日 (土) 21時47分

ミヤコさん>本当にこういう時って頭が真っ白になりますね。次なんて無い方が良いんですが、今後何かあった時に迅速に判断出来るようになりたいです。
親孝行は難しいですが、せめて家の事を心配しないで済むようにはしていきたいです。

投稿: つきのさばく | 2008年7月 5日 (土) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122214/41738339

この記事へのトラックバック一覧です: わーい会報届いたよー:

« 全部知ってた。 | トップページ | 一夜明けて »