« (゚∀゚)トレタ! | トップページ | てるさんハピバ! »

2008年6月 7日 (土)

ミケとか訃報とか提訴とか。

ともかく、取れたからには頑張らないとなー。冬はアンソロの準備や仕事がバタバタしてたりで、ちゃんと本出せなかったんで。それにしても、隣も同じジャンルだといいんですが。(毎回言ってます)

氷室冴子氏がお亡くなりに。
ニュース記事を拝見して、まだお若いのに、と。「銀の海金の大地」の続きが永遠に読めなくなってしまったんですね…。続きが出るのを、ずっと待ってたんですよね。ジャパネスクとざ・ちぇんじ!は確か借りて読んでました。銀の海~はファンタジーっぽい話だった事もあり、十二国記と並んで少女小説ながら楽しみに読んでいた作品でした。ご冥福をお祈りいたします。

ガッシュの雷句先生が小学館を提訴。
これは…、ていうか訴状を読んでまず思ったのが、何だよ高島雅って編集者の名前かよ…!冠に続いて何なのこの人たち…みたいな。(焼きたてジャぱん!のマンガ家さんが今サンデーで描いている「最上の命医」というマンガに同名のキャラが出てきてます。美形キャラで。)
ガッシュは大好きなマンガだし、サンデー読者としては何とも歯がゆい気持ちになりますが、雷句先生には他誌に移っても頑張って欲しいと思います。
個人的にはケンイチと絶チルと金剛番長と月光条例が面白ければそれで良いところもあるんだけど、最近のサンデーは結構面白く読んでるだけに何とも言えない気持ちになりました。そういや訴状で書かれていた、戻ってくるマンガ家には師匠の藤田先生も含まれているんでしょうか…。

さ来週あたりから新連載が3つ投入ってことですが、先週マリハン終わって、今週DIVE!が終わって、あと終わりそうなマンガが3つくらいあるんですが。最近分厚かったけど、ちょっと薄くなるのかなあ。サンデーは10週で突き抜けが無いかわりに、低調なマンガも長くやってしまう傾向があると思うのは私だけか。

あ、星矢LC買ってくるの忘れてた。明日本屋に行こ。

|

« (゚∀゚)トレタ! | トップページ | てるさんハピバ! »

コメント

小学館提訴は雷句先生のブログを読んでいたのでびっくりしていました。
コミティアで小学館に持ち込みに言った友人が「二度と小学館には行かない」と言っていたのを思い出します。(編集者の態度がすごく悪かったと言っていました)
作り手側としては色々と考えさせられますね。

投稿: 2の人 | 2008年6月 7日 (土) 04時09分

2の人さん>どんな作品でも、一人の力で作り上げる事は稀で、こと商業のマンガは編集とマンガ家が作り上げて行く部分が凄く多いと思うんですが、それって信頼あってこそで、一方的に罵倒したり軽んじたりするというのは(まして創作者に対して)何か違っていると思いますね…。編集は神になったつもりか!みたいな。

投稿: つきのさばく | 2008年6月 7日 (土) 22時40分

私もさば。さんと同じくサンデーには最近藤田先生の連載も始まったし個人的には楽しく読んでるのでちゃんと購読しようかなーと思っていた矢先の出来事だったんでなんか色々考えます。
とりあえず好きな漫画家さんが編集に大変な目に遭わせられてなければいいのですが…。
サンデーはこう…新人育てる力が無いのがアレです…。いつまでも大御所に頼りすぎというか…。
(まぁジャンプも最近そうだけど>新人育てる力)

投稿: ミヤコ | 2008年6月 8日 (日) 01時04分

ミヤコさん>サンデーの編集さんが全員酷いという訳では無いと思うんですね。少なくともケンイチの担当さんは前の担当さんも今の担当さんも熱意ある方っぽいですし。
サンデーは師弟制度が他のとこよりハッキリしているせいか、下積み期間が他の週刊誌より随分長いんですよね。そのせいかそつのない新人さんが多い気がします。ジャンプは上位陣が固定されたままというのが新人が育ちにくい環境になっているのかもしれませんね。

投稿: つきのさばく | 2008年6月 8日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122214/41448988

この記事へのトラックバック一覧です: ミケとか訃報とか提訴とか。:

« (゚∀゚)トレタ! | トップページ | てるさんハピバ! »