« 誰が頼み込んだのか | トップページ | 挙動不審 »

2007年11月14日 (水)

任天堂伝説

書こうと思ったらメンテ中という罠。

ついに昨日、白熊カオス先生の歌が100曲目になりましたー!凄い。100回目という事で、いつもよりも長いです。途中うっかり「あかん観鈴カオス! ゴールしたらあかん!」と言いそうになりましたが。

ちょっと前からはてぶでえらくブックマークとコメントがついていた「任天堂のすごさを垣間見たとき」任天堂にゲームハードを修理に出すと無償で修理されて帰ってくるという話は結構見ていたのだけど、新品への交換という形で返しているにもかかわらず、貼ってあったシールを元通りに貼り直して送り返してくれる、その細やかな対応に驚きました。修理に出すって最終手段みたいなもので、データは消える覚悟だし、新品になればラッキー。携帯だと外装を交換する際は、貼ってあったシールは勿論廃棄。…というか実のところシールを貼ったりするのも改造扱いだったりする。勿論そんな事で修理を断るキャリアはありませんけども。でも私の初代Gフォンは外装に凹んだ傷が残ったまま帰ってきたんだぜ…買って一ヶ月なのに5000円飛んだ。自分が悪いから、それは仕方がないんだけど。

今年の春に、名古屋ドームであった小学館のイベントに行ってきたんですが、まあそこに居た子供達のDS所持率の高い事。勿論、会場でポケモンのモンスターを配っていたり、DSのゲームの展示も多かったので、ことさら家から持って来ていたのはあるでしょうけども。んで、子供のDSって結構シールベタベタ貼ってるんですよね。そうする事で友達のやつと差をつけたり、見間違えないようにという事もあるんでしょう。そうやって装飾する事で「自分のDS」が出来上がってる中で、それが壊れた時にまっさらの何も無い状態になって帰ってくるんじゃなくて、ちゃんと同じシールを貼って返してくれる。他愛の無いシールを、ちゃんと大事なものだと判ってくれてる。これってもの凄く丁寧な仕事だと思うんです。

任天堂の携帯ゲーム機は、何度も何度も落下実験を行ったりして、まず丈夫であるという事もあわせて、子供が遊ぶオモチャなんだという事をまず念頭に置いて仕事をしているんだなあと思いました。「任天堂のちょっと良い話」もそんな任天堂伝説が紹介されています。一番上にあるお話、本当に署名の横井さんがGBの生みの親である横井軍平さんなんだとしたら、すこし切ない話です。これに限らず、修理返却後、直筆でのお手紙が入ってる場合も結構ある様ですね。

ネットショップを職場でやるようになって、注文を受けてからの発注なのでどうしても商品の納入までに時間がかかったりするんですが、(在庫リスクを抱えられるほど大きい店じゃないのが辛いところです)そこで買ってくれたり質問してくれたりするお客様に、任天堂ほどじゃないにせよ、きめ細やかに対応出来るようになりたいなあと思いました。仕事以外の事にしても、売る人と買う人というだけじゃなくて、その先にあるものを大事にしたいなと思います。

ソニーはハード屋、マイクロソフトはソフト屋、任天堂はおもちゃ屋と言われるのも、その当たりにあるのかもしれませんね。あ、私は任天堂信者じゃないっすよ。ドンキーコングのゲームウォッチから任天堂のゲームはやっていたけどね!ちなみに今一番欲しいハードは凶360です。枕元にゲイツがそっと凶360エリートを置いといてくれたらいいのに。

|

« 誰が頼み込んだのか | トップページ | 挙動不審 »

コメント

任天堂って、すごいんだねー。
当たり前のことなのかもしれないけれど、当たり前じゃないことをやってるんだなあ、と思いました。
なんつーか、自分も接客するとき、そういう姿勢は見習いたいと思った。
お客さんの立場に立って考えるのって、ついつい無視してしまいがちだもんなあ。

投稿: ひろりん | 2007年11月14日 (水) 23時31分

ひろりん>超大企業で、もの凄く売れてる会社だから出来る事かもしれないけど、他の大企業がそうやって対応してるかっていうと、そうじゃないもんね。
客の立場になるって本当に難しい。外に出れば自分もお客さんなのにね。

投稿: つきのさばく | 2007年11月15日 (木) 23時07分

任天堂がそこまでしてるとは知らなかったよ…FCとSFCのサポートが終わるそうだけど、約二十年も昔のハードを面倒見てくれてたのがすげーなと思った。

客の立場を考えるって基本的な事だけど、忘れてしまいがちでもあるよね。忙しいと機械的になってしまうし、解ってても行動に移すのは大変だよなー。

投稿: たま。 | 2007年11月16日 (金) 10時29分

たま。>あのニュースは修理をまだやってたんだ!って驚いた人の方が多そうだよね。
本当、機械的になっちゃうよね。忙しかったりすると、効率とか考えちゃうしね。

投稿: つきのさばく | 2007年11月16日 (金) 20時50分

私の友達も子供が壊したDSを任天堂に修理に出したら、只で新品に交換してくれたという太っ腹っぷりでした。(DS liteじゃなくて旧DSですが)
シールすごいですね!
さすがおもちゃ屋…!

投稿: ミヤコ | 2007年11月18日 (日) 21時22分

ミヤコさん>元々の修理代も安いって聞いたんですが、
そもそも有償で修理した話をあんまり見ないんですよね…。
私のDSLもシール貼っておこうかと思いました(笑)

投稿: つきのさばく | 2007年11月19日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122214/17073564

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂伝説:

« 誰が頼み込んだのか | トップページ | 挙動不審 »