« メモリ衝動買い | トップページ | ある意味晒されたというか »

2007年10月15日 (月)

ミク絡み

昨日の「アッコにおまかせ」で初音ミクが酷い取り上げ方をされてから(ソフトの紹介にもなっていない)ITmediaが速攻それに関する記事をアップして、それがYahoo!のTOPニュースに載っていたり、MSN産経が取り上げてと、なんだか凄い事になってるなあ。

自分自身、あの番組での取り上げ方にはもの凄く疑問を持ったんだけど、ユーザーでもない、単なるミク歌リスナーの自分がなんでこんなにムカっ腹立ててんだろうと思ってみた訳ですが。多分、ミクを知った時にもんのすごい「ワクワク感」みたいなのを感じたからだろうなあ。テレビではアニオタ・エロゲオタ向けのゲームであるかの様な露出で、ろくに時間もかけずに作られた歌をほんの一瞬流されただけで終わってしまったけど(TVに出た本人のログによると)、本来はDTMのソフトな訳で。一人でボーカルが入った状態の曲をPCで作れる、しかも安価なソフトで作れるというのは、自分にとって凄く驚きだったんです。何せ音楽環境とそれに纏わるソフトは高いもんだという気持ちがあったし。

そりゃリーダーみたいに、「てっこちょっと歌ってよ」で歌ってくれるボーカリストが常に居れば良し、大半の人は居ないでしょうし、他人に頼めばお金かかっちゃう。近くに良い声・音感・リズム感を持った友人が居ればともかく、それって難しい。自宅で趣味でDTMをしてた人が、これまでインストゥルメンタルしか作れなかったのが、ボーカル入りの曲が作れるようになるって、凄い事だと思うんだけどなあ。なにげにプロのミュージシャンも仮歌をミクで作ってたとかいうお話もBlogで見ました。実際、ミクが一番生かされるステージっていうのはそういう表に出てこない部分での歌だったりするんでしょうけど、これまでDTMに興味が無かった人達にも「DTMって面白そう」っていう、すそ野を広げた事がもの凄い訳で。

んで、日々アップされる歌が、どんどんクオリティの高いものになってったり。本来ミクの声質は好んで聴く系統では無いんだけど、もの凄い勢いで進化していくのが楽しかったりして毎日ミク動画見てました。ていうか最近まじで白熊カオス先生とミクの歌声ばっかりです。あとTERUな(てるはにんげんです)

ミクの価格の15,000円が高いか安いかは人それぞれでしょうけど、DTMのソフトとしては破格の売れ行きであるとか、YAMAHAの最新技術を使ったソフトであるとか、ネットで毎日発表されるオリジナル曲が人気だとか、そういうのを全てカットして、クリプトンと出演者二人を嘘の企画書で騙して、ステレオタイプなオタク叩きにしか使わなかったTBSには本当にムカっぱらが立つ訳ですよ。あとコンビニでアルバイトしてる人にも失礼だったね。おめーら一生コンビニ使うな!そりゃ出演したお二人にも迂闊は部分はあったかもしれない。ヲタであるのはマイノリティで、お茶の間に理解しがたい部分があるにせよ、でもさ、音楽ソフトであるミクの製作部分を3時間近く撮影していて、そこが全く使用されないなんて考えろっていうほうが難しいと私は思う。少なくともお二人に提示された内容は全く違ってたんだし。

クリプトンの開発の方や、放送に使う予定だと言われてわざわざ和田アキコの「あの鐘を鳴らすのはあなた」をミクで作ったOtomaniaさんや(勿論放送されてない。お蔵入り)、ミクのサンプリング元である声優、藤田咲さんのBlogを見てると、ああいう泥水かけられるような行為をされたにも関わらず、真摯で前向きな事を書かれてるんで、あとはミクの、ボーカロイドというソフトの正しい姿が一般層にも早く伝わればいいなと思ったのでした。藤田咲さんはミク以外ではアニメ版つ…つよき…す…っいや、アニメはないんだけどアニメはありません。…のカニしか知らないんだけど、カニの声は金田まひるさんしかうぁあああ!!!でもこの一件でちょっと偏見が改まりました。誕生日も一日違いだし藤田さんにちょっと親近感!

私だってそりゃバンドのファンやってんだから、生の歌声のパワーに機械音声が勝てるとは思ってないんだけど、沢山の人がフィルムカメラをデジカメに買い換えて、イラスト描きがコピックで塗っていたのがフォトショやペインターやSAIを使うようになって、事務の人がそろばんで計算してたのをExcelに入力するようになって。そんな感じで、音楽を作る上で敷居の高かった「ボーカル」が普通に家のPCで出せるようになる、便利になる。それって凄い事じゃないの?小さい頃に従姉妹と二人でやいやい言いながら作曲作詞した事とかちょっと思い出して、ミクがあれを歌ったらどうなるんだろうなんて思ったりしたのでした。…楽譜が載った雑誌…どこいったかな…流石に20年以上前とかだしな…。なんとなくは覚えてるんだけど。ピアノも歌もやめて10年以上たつけど、やっぱり続けていればよかったなって後悔するときがあって、ミクを見てたらまた音楽に触れたくなったんですよね。

…というわけで、最近ニコばっか貼ってるけどまた貼る。
初音ミクっぽくない初音ミク。

ヤンデレミク。この発想は無かったわ。

全然話かわるけど今日のジャンプに載ってたFF4:DSのヘタレ王子ギルバートさんのリアル版ポリゴンの顔が凄くHISASHI兄さんに見えた…。なんかアゴがもう少し発達してたら超似てると思うのは私だけだろうか。

|

« メモリ衝動買い | トップページ | ある意味晒されたというか »

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。

「アッコにおまかせ」は見ていませんでしたが、
ミクを知った時の「ワクワク感」が否定されたような感覚を感じられたのですね。
テレビを見ていた多くの方がきっと同じように感じられたのでしょう。

人は誰しも、自分が大切だと思っていることに対して、からかわれたり批判されたりすると、不快に感じるものですよね。
影響力あるメディアはもちろん、自分が誰かと会話する時も、相手が大切に思っているものを壊すことのないようにお話していかないといけないよなぁ、とブログを読みながら感じました。(違う視点でツボにはまりました。。笑)

今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007年10月16日 (火) 10時26分

テレビの映像はざーっとしか見てないけどあの内容はいかんわ。
「萌え系」ってのはあまり好きじゃないが、ギターとボーカルは機械では無理という昔からの常識を打破しようと長年頑張ってるYAMAHAの開発に対して失礼だわ。(YAMAHAはあまり好きな会社じゃないだけどさ。)
YAMAHAって生楽器や生声をいかにホンモノらしく機械で音を出すかって言うのを15年近く頑張ってるのにさ。
(YAMAHAはシンセサイザーにこの技術を使ったシンセサイザーを出すが高すぎたり中途半端だったりするんだが)
なによりさ、うちが引っかかったのは「機材に100万円突っ込んでる」というユーザーだわ。
DTMで100万円なんてペーペーのレベルなんですが。
シンセサイザーコレクターのうちなんてどないなるねん・・・

投稿: G | 2007年10月16日 (火) 12時32分

@nifty「旬の話題ブログ」スタッフ様>
ご丁寧にありがとうございます。
初音ミク関連ですと、もっと専門的なエントリを書かれてる方もおられるので少し驚きました(笑)

Gさん>私もあの機材見たとき、Gさんのこと思い出しました。Gさんの方が散財してるだろうなーと。
YAMAHAというと音楽教室とピアノのイメージだったんですが、携帯の音源チップとかも作ってるし、いろんな音をいろんな場所で鳴らそうと努力してる感じがします。

投稿: つきのさばく | 2007年10月16日 (火) 17時22分

YAMAHAはピアノだけじゃなくスピーカーから音源チップ、ネットワーク機器までいろんな所で頑張ってるよ。
声や弦楽器の生音を機械で再現する技術も頑張ってるね。
でもずーっと日陰の存在の技術だったけど。

うちはあんなもんじゃないよ・・・
あの程度の機材でマニアなら、うちなんて狂気の世界だろうな。
まぁアタクシは3次元にしか興味ないですが(笑)

投稿: G | 2007年10月16日 (火) 18時13分

Gさん>YAMAHAといえばネットワーク機器もありましたね!そういや前の会社でルータ使ってました。
多分テレビ的にオタクっぽくしたかったんでしょうね…。ちょっとかじってる人ならすぐ判るネタなのに。

投稿: つきのさばく | 2007年10月16日 (火) 20時40分

オタク臭く編集したかったのはTBSの演出なんだろうなぁ。
自称アキバ系だという小室哲哉にでも出演して貰ったら良かったのにねぇ(笑)

投稿: G | 2007年10月16日 (火) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122214/16772075

この記事へのトラックバック一覧です: ミク絡み:

« メモリ衝動買い | トップページ | ある意味晒されたというか »