« 三洋携帯撤退とか | トップページ | 午前3時10分から。 »

2006年11月24日 (金)

孫氏に正義はないらしい。

2連続携帯ネタ。

http://yokke-taiko.jugem.jp/?eid=49

「よっけのぶろぐ」さん参照。リンク先で判りやすく書いて下さってるのですが。
ソフトバンクモバイル(以下SBM)のゴールドプラン(あの通話メール無料とぶち上げたアレ)はS!ベーシックパックというのを申し込まないと他社とのメール・WEBが出来ません。

月額2,880円とうたっていても、他社とのメールを前提に考えればここで+315円かかるわけです。(しかも他社に送る時にかかるパケット代は他のプランより高い)さらにスパボ契約必須なので月賦で2年間携帯代を+αで払い続けなければならない上に自動で「スーパー安心パック」「スーパー便利パック」「パケットし放題」が契約されているという裏もありますが、その悪徳さ加減は色んな所で言われ尽くされてると思いますので割愛。

逆にメールをSBM間でしか行わないならS!ベーシックパックは必要ないので通話・メール無料というのは生かせるプランではあります。

が、25日からの改定で随分面白い事をSBMはやってくれるようです。

うっかりWEBに繋げたり他社にメール送った時点で勝手にS!ベーシックパックを契約してくれるんだってさ。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/32106.html

間違ってY!ボタンを押してしまったら、S!ベーシックパックに申し込みを同意したと判断して、何の警告もなくその月から+315円ですよ。これまでは接続時にエラーが出ていたのが、今後有無を言わさず契約になるわけです。

しかも、S!ベーシックパックを未契約の場合、請求書の郵送は無料サービスなのに、契約されてしまうと請求書の郵送が+105円の有料サービスになるんですね。しかし、S!ベーシックパックに同意したからといって契約書の郵送の有料化に同意した訳ではありません。どうなるかというと、その月から請求書は送ってこなくなります。

こんなやり方で契約者増えるんか。ここのところの増加は目先の無料に釣られた方も多いのかもしれませんが、ナンバーポータビリティ以前は月の契約者数がPHSであるWillcomを下回る事はざら、月によってはマイナスになった事を忘れていませんか。その頃よりもさらに改定という名の改悪を進めてどうするんでしょう。

Vodafoneがユーザー向けに出した「10の約束」をあっさり反故にした事で、Vodafoneに対して不信感をもち、SBMに期待したユーザーも多く居たと思います。なんでさらに裏切るような事ばっかりやっとるかねこの会社…。

閑話休題。
Willcomの.nicoというW-SIM端末に、ヨドバシモデルとビックカメラモデルが出るらしい。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0611/22/news052.html
こちらはメールと電話のみの超シンプルな端末なんですが、W-ZEROと併用して使うにはいいなあと思ってたんですよね。ヨドバシモデルのカラーがグッと来ましたよ。(WillcomのW-SIMはカード型の本体を差し替える事で電話そのものを着せ替える事が出来るのだ!)

そして追記。
三洋の携帯事業売却はとりあえず杞憂で終わったみたいですね。一安心かな…。

|

« 三洋携帯撤退とか | トップページ | 午前3時10分から。 »

コメント

なんか聞けば聞くほど恐ろしいシステムですな・・・
SBMは客を何だと思っているの?^^;
私は詳しくないから勉強になるよ、ほんと。

身近にSBM変えようかな?って人がいたが止めといてよかった、よかったw

投稿: しゃちょー | 2006年11月24日 (金) 22時14分

しゃちょ>
YBBの頃から値段だけ全面に押し出してサポート・質ともに劣悪なサービス提供をしてたSBとはいえ、携帯はもうちょっと真摯にやるかと思ってたんだけどね…。
J-Phoneの頃のプランをずっと変更しないのが一番賢い使い方なんじゃないかと思えるよ。

投稿: つきのさばく | 2006年11月25日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122214/12807104

この記事へのトラックバック一覧です: 孫氏に正義はないらしい。:

« 三洋携帯撤退とか | トップページ | 午前3時10分から。 »