« 恒例のアレ。 | トップページ | チケット当落 »

2006年10月20日 (金)

妊婦さんの医療ミス報道について思う

私の住む奈良県で起きた、非常に悲しい出来事です。私の職場にも、もうすぐお子さんが産まれるとの事で、明日から産休に入られる方が居ます。

その方は実家には戻らず出産されるそうなので、今回の大淀病院の一件は直接関係はないそうですが、実家に戻って出産というお話であれば、今回の事件の影響はかなり大きなものになっていたようです。

亡くなられた妊婦の方は、本当にお気の毒で、どうか安らかにと願わずには居られません。母を知らず育つお子さんも、どうか健やかに育ってくださいと願います。

しかし反面、マスコミの「医療ミス」であるとの一方的な報道に、疑問を感じずにもいられません。私は妊婦ではありませんし、医療に関しても勿論素人です。大切な家族がこのような一件で死を迎える事になれば、怒りで心が一杯になることは確かです。けれど、いつか家族が出来るかもしれない未来を思えばこそ、ただ遺族の方に同調して嘆く事が正しいとは思いません。

県立奈良医大、今回受け入れを断り、受け入れ先を探した病院です。私はここで産まれたんですが、その10年後、父の脳出血時に満床であると入院を断られ、たらい回しにされた記憶もあり、同じく受け入れを拒否された妊婦さんがお亡くなりになった今回のニュースには複雑な思いが隠しきれません。

本当に医療ミスで片づけて良い問題なのか、私では知り得ないお医者様からの見地によるBlogなどを拝見して、マスコミの報道に疑問を感じずにはおれず、自分が産まれた日だからこそ、少し真面目にエントリしてみようと思った次第です。

新小児科医のつぶやき様:http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20061018

ある産婦人科医のひとりごと様:http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_1377.html

天漢日乗様:http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/

これがもし業務上過失致死であるとなれば、大淀病院での産婦人科が立ちゆかなくなり、奈良県南部で出産が可能になる病院が無くなると聞きました。大和高田市にある市立病院も医療ミスとの疑いで奈良県警の捜査を受けた事により、近隣の市町村に限る入院制限を設けたこともあって、県内で考えても出産出来る病院が減っています。少子化と言われていても、どこの産婦人科も予約で一杯なんだそうです。子供よりも産婦人科・小児科の医師が減っているんです。

遺族の方が言う「早期に発見出来ていれば助かった」との言葉を、ただそのまま伝えるマスコミの報道は正しいのでしょうか。誰だって母子共に健康であることを祈り願っているのは当然の事です。しかし、ただ嘆く家族を悲劇として祭り上げる事が正しい事なのでしょうか。本当に、早期に発見していたとして、医大・県立奈良・天理よろづ全てが受け入れ拒否せざるを得ない時点で、奈良に高度な治療・手術が可能な医師が揃っている病院が他にあったとは思えません。

全ての母子に安全な出産を、と思っています。けれど、100%安全なお産など存在しないのも事実です。出産時に脳出血を併発したという非常に稀なケースである今回の事を、殺人と見なす奈良県警の捜査方針は、本当に正しいのかどうか。

見直すべきは県の周産期医療であって、医者が深夜に仮眠していたかどうかを叩く事では無いと思います。この一件で、奈良県の産婦人科崩壊が加速してしまわないか。将来が心配です。

|

« 恒例のアレ。 | トップページ | チケット当落 »

コメント

私も同じく遺族の方や赤ちゃんを不憫に思います。
しかし鯖。ちゃんも言うように、安全に産まれるなんて保障はどこにもないのが現状なのに、それを認識していない方が大勢いらっしゃるように思います。
赤ん坊は、無事に生まれて当然と思っているのでしょう。
それにこしたことはないけど、子供が生まれるということは、産むということは、それだけ大変なことなのだと思います。私達は、無事に産んでくれたことを感謝せねばとも思います。
紀子さまのご高齢出産が可能になったのは、医療スタッフに万全を期したからだし。
マスコミはつくづく最低に成り下がっていると思います。彼等は自分がやっていることを冷静に判断できないで、ただ売れる為や話題の為だけで本来のジャーナリズムを忘れ去っているように見えます。
家族の嘆きは当然としても、それが正当かどうかはまた別の話で、誰だって生きていて欲しいと思うけどそうならないままならなさが切ないですね。しかしそれが命という重さなのだとも思います。
しかしあれで刑事責任は…厳しすぎ…。

投稿: ウニコ | 2006年10月21日 (土) 01時02分

ウニコ>
これ書いてからも続報とかチェックしてるんだけど、やっぱりテレビの煽り方おかしくね?てな風にしか思えないんだよね。CTの件にしても、搬送先の事に関しても。日中の高度医療が受けられる総合病院ならともかく深夜の大淀だべ…。刺激を与えず搬送に備える事がそんなにおかしいことかね…。
奈良、特に医大付近はあんなに病院が沢山あるのに、緊急時の患者の3・4割は県外に搬送されているんだって。このあたりですら医者も設備も全然足りて無いんじゃないか。
満床といって断った病院を、ベッドが無いくらいで受け入れないなんて!とか言う人が多い事にも驚いたよ。法律違反な上に他の入院患者見捨てろと言うのかって。かりにベッドのない満足な医療が提供出来ない事で症状が悪化したら、今度は受け入れた事を非難するんだろうし。
県も少子化とか言うなら、産婦人科医さんが医療に専念従事できる環境を作って、お産がしやすい環境を整える方が少子化改善に繋がると思うんだけどなあ。

投稿: つきのさばく | 2006年10月21日 (土) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122214/12348354

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦さんの医療ミス報道について思う:

» 金も要らなきゃ女も要らぬ、あたしゃも少し手が欲しい! [医療問題なんて考えちゃったりして]
 奈良県大淀病院の妊婦さんが亡くなった件が話題になっておりますな。  きっとマスコミなんかの、単に医療ミスだ、たらい回しだ、無責任だといった表面的な言葉に注目が集まってしまいそうなので、ここではひっそりささ... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 04時31分

« 恒例のアレ。 | トップページ | チケット当落 »